Books I've read

読んだ本の感想を書いてます。

297冊目 i (アイ)

良かったです。ものすごく。複雑な人間の感情を小説にすることは、難しいと思うけれど、それをやってのけるだけの力がある作家だと思う。西加奈子さんの好きなところは、幼少期の生い立ちをしっかりと書くところ。人格形成の重要な時期の家族関係、生い立ち、主人公の気質、傾向をしっかりと書くことで、非常に作品に重みのようなものが出る。作中人物の成長発達を読者である私は、ハラハラドキドキしながら、追うことになる。完全に作品の中に、引きずり込まれる。

 

i(アイ)

i(アイ)