Books I've read

読んだ本の感想を書いてます。

278冊目 土の中の子供

この中に入っていた『蜘蛛の声』が良かったです。現実と幻想の境目が、巧みで読んでいて怖くなるほど。あとがきで作者が、小説を「世界の成り立ちや人間を深く掘り下げようとし、突き詰めて開示するような物語」と表現し、小説に救われたとありました。私は小説にそこまでの熱さを感じていなかったな、と反省する深夜。

 

土の中の子供 (新潮文庫)

土の中の子供 (新潮文庫)