Books I've read

読んだ本の感想を書いてます。

[240]帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。

料理家のエッセイ。料理家の書いた文章というと、たくさんのおいしい料理にまつわるあれやこれを想像しがちだが、この本は違う。不確かな自分が、不確かな世間の中で、懸命にもがき苦しんでいる最中で、内面から出てきたそのままの思いという塊が、その塊のままで、ごろんと出てきた文章という感じ。もう一度、いや、何度となく読んでみたくなる本かもしれない。自分がちょっとしんどいときに。

 

帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。 (文春文庫)

帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。 (文春文庫)