Books I've read

読んだ本の感想を書いてます。

[155]月と六ペンス

「古典=難しい」って、ついつい思ってしまうんだけど、それで、読む機会を無くしてゆくんだけれど、とうとう、手に取った『月と6ペンス』。めちゃくちゃ良かったです。登場人物の激変ぶりに、度胆をぬかされた感じ。画家ゴーギャンっていう人の生涯を基にした小説で、単なる作り話ではない、というだけで、どんどん引き込まれてゆく感じ。本文の合間、合間にゴーギャンの作品が挿入されているんだけど、私は、その良さがさっぱりわからないのが悲しい。一番に天才ぶりを見抜いたあの気の毒な男(名前忘れた)すごいね。ところで、何でタイトルが、月と6ペンスなのかがわからない。

 

月と六ペンス (地球人ライブラリー)

月と六ペンス (地球人ライブラリー)