Books I've read

読んだ本の感想を書いてます。

[119]コリーニ事件

ドイツで話題になった本。
法律の世界の話とナチス関連の戦争責任問題がからんでます。
この本を読んでいると、過去の戦争はまだ終わっていないと感じられました。
この本は小説だけれども、現実に施行されている法律も出てくるがゆえに、ノンフィクションのような錯覚がして、なかなかおもしろかった。
他の作品も読んでみたいと思うのですが、作者の名前が覚えられそうにない。
作者は、フェルディナント・フォン・シーラッハ。

コリーニ事件

コリーニ事件