読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Books I've read

読んだ本の感想を書いてます。

[109冊目]夜と灯りと

ぱっとしない人生、
や、むしろ底の部分を生きている人々が
主人公となっている短編小説。
文体に特徴あり。
文体にくせがあると、私は小説世界に入っていけない。
だから、分かりにくい短編もあった。
「灯り」の部分は、私にはわかりづらく、
ぱっとしない人生が救いなく続いている感じ。

夜と灯りと (新潮クレスト・ブックス)

夜と灯りと (新潮クレスト・ブックス)